ワーカー向けtaskell利用規約

本規約は、株式会社シオン(以下「当社」といいます。)がtaskellの名称で提供する介護事業者と介護従事者とのマッチングサービス(以下「本サービス」といいます。)において、介護事業者の紹介を求める介護従事者の利用条件を定めるものです。

第1条(定義)

本規約における用語の定義は、特別の定めがある場合を除き、次の各号の通りとします。

  1. 施設:本システム上で本サービスの施設用アカウント(以下「施設用アカウント」といいます。)を取得し、本システムを介して短期業務(以下「タスク」といいます。)に従事する介護従事者を募集する事業者
  2. ワーカー:本システム上で本サービスの個人用アカウント(以下「個人用アカウント」といいます。)を取得し、本システムを介してタスクに応募して施設に労働力を提供する介護従事者
  3. ユーザー:ワーカーのうち、施設から、施設用アカウントを用いてタスクに従事する介護従事者を募集する権限を与えられた者
  4. 本利用契約:ワーカーと当社との間で締結する本サービスの利用契約
  5. 業務委託契約:ワーカーと施設との間で締結される業務委託契約
  6. 本システム:本サービス提供のために当社がウェブサイト上又はアプリケーションソフトの形でワーカー、ユーザー及び施設に対して提供するシステム

第2条(ワーカーの資格)

ワーカーが未成年の場合、ワーカーは、当社との間で本利用契約を締結すること、及び本サービスの利用によって施設との間で業務委託契約を締結することについて、事前に法定代理人の同意を得るものとし、ワーカーは、自身が成年者であるか又は法定代理人より上記同意を得ていることのいずれかを満たすことを、施設及び当社に対して、表明し保証します。

第3条(登録申請)

  1. 本サービスをワーカーとして利用するには、本システム上で個人用アカウントの登録申請手続を行い、当社との間で本利用契約を締結する必要があります。
  2. ワーカーが本システム上で個人用アカウントの登録申請手続を行った場合、その時点で、ワーカーと当社との間で、本規約の諸条項に従った本利用契約が成立するものとします。この場合において、ワーカーは、本規約の内容を理解しており、かつ、本規約の全ての条項について承諾したものとみなします。
  3. ワーカーは、本システムを介して、当社にワーカーに関する情報を登録するものとします。
  4. ワーカーは、前項の登録内容に変更があった場合、当社が定める方法により、登録情報の変更手続を行わなければなりません。変更しないことによりワーカーに生じた不利益については、ワーカーが一切の責任を負うこととし、当社は責任を負いません。
  5. ワーカーが虚偽の情報を登録したことにより施設を含む第三者に対して損害を与えた場合、ワーカーは当該損害について責任を負うものとします。
  6. ワーカーは、本規約第5条に基づき施設との間で業務委託契約が成立した場合、当社が施設に対してワーカーの氏名、住所、メールアドレス、その他必要な事項を開示することに同意します。また、当社は、ワーカーが本システムにおいて施設との間で業務委託契約を成立させる手続を操作した場合には、同操作をもって、ワーカーがワーカーに関する上記の必要情報を当該施設に対して開示することに個別同意したとみなすことができるものとし、ワーカーは予めこれに同意します。

第4条(利用料)

ワーカーの本サービスの利用料は、無料とします。

第5条(業務委託契約)

  1. ワーカーと施設が本システム上で手続を行い、タスクの内容及び実施その他当社が定める事項について合意した場合には、当該合意に係る事項及び次の各号に基づいて、ワーカーと施設との間で業務委託契約が成立するものとします。
    1. ワーカーは、ワーカーと施設との間の合意内容に従って、施設において労働力を提供します。但し、ワーカーと施設の法的関係は雇用契約ではなく業務委託契約とします。
    2. ワーカーと施設は、ワーカーと施設が合意した全てのタスクに係る業務委託料及び交通費がワーカーの収納代行者である当社に支払われることを確認します。
    3. 一つのタスクが問題なく終了した場合、ワーカーは、翌日までに、本システムを介して施設の評価を行うものとします。
  2. ワーカーは、業務委託契約はワーカーと施設との間の契約であり、当社は業務委託契約の当事者とならず、当社が業務委託契約に基づく責任を負うものではないことを確認します。

第6条(収納代行)

  1. ワーカーは、当社に対し、本サービスを通じて締結される業務委託契約について、施設から業務委託料、交通費その他の金銭の収納を行うことを委託し、そのために必要な権限を当社に授与します。
  2. ワーカーは、前項の規定により当社に収納を委託した業務委託料、交通費その他の金銭については、施設から直接収受してはなりません。
  3. 当社は、第1項の規定により収納した業務委託料、交通費その他の金銭については、当社が別途定める方法により、ワーカーに支払うものとします。

第7条(禁止事項)

ワーカーは、本サービスの利用にあたり、次の各号に掲げる行為をしてはなりません。

  1. 当社に虚偽の情報を登録する行為
  2. 当社又は第三者の知的財産権その他財産権、プライバシー権又は肖像権を侵害する行為
  3. 当社又は第三者の名誉又は信用を毀損する行為
  4. 当社又は第三者を誹謗中傷する行為
  5. 当社又は第三者に経済的損害を与える行為
  6. 当社又は第三者に対する脅迫的な行為
  7. 他のワーカーの個人情報等を収集又は蓄積する行為
  8. 他人に成りすます行為
  9. 個人情報を他のワーカー、他の施設や第三者に漏洩する行為
  10. 当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
  11. 施設又はその他の第三者に迷惑をかける行為
  12. 施設との業務委託契約及びその他の合意に違反する行為
  13. 当社が提供するインターフェース以外の方法で本サービスにアクセスを試みる行為
  14. 犯罪に結びつく行為
  15. 前各号に掲げるほか、当社が不適切と判断する行為

第8条(利用の制限等)

  1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、ワーカーによる本サービスの利用を制限し、又はワーカーの個人用アカウントを削除して以後ワーカーに本サービスを利用させないことができるものとします。
    1. ワーカーが本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. ワーカーが個人用アカウント登録手続において虚偽の事実を申請した場合
    3. 本規約のいずれかの条項に以前違反したことのあるワーカーが新たに本利用契約を締結した場合
    4. ワーカーが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下「反社会的勢力」と総称します。)である場合
    5. ワーカーに近しい関係者が反社会的勢力である場合
    6. ワーカーが反社会的勢力に自己の名義を利用させて本利用契約を締結した場合
    7. 前各号に掲げるほか、当社がワーカーによる本サービスの利用を適当でないと判断した場合
  2. 当社は、前項の規定に基づき当社が行った利用の制限、アカウントの削除又は本サービスの利用中止によりワーカーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第9条(免責)

  1. 当社は、本サービスからワーカーが得る情報(施設の登録情報を含みます。)の正確性等についていかなる保証も行なわず、一切の責任を負いません。ワーカーは、本サービスから得る情報の正確性等につき、自己の責任において判断するものとします。
  2. 当社は、本サービスに関して、ワーカーと施設、他のワーカー又は第三者との間において生じた取引(業務委託契約を含みます。)、連絡又は紛争等について一切責任を負いません。
  3. 当社の債務不履行責任は、当社の故意又は重過失によらない場合には、免責されるものとします。
  4. 当社は、本システムに不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
  5. 当社は、本システムがワーカーの利用環境に適合していることを保証するものではなく、本システムのワーカーの利用環境への適合性については一切の責任を負いません。
  6. 当社は、何らかの理由によって責任を負う場合でも、その賠償責任の範囲は、通常生じうる損害の範囲内かつワーカー1名につき3万円を上限とします。
  7. 当社は、本サービスの提供の一時停止又は中断により、ワーカー、施設又は第三者が被ったいかなる不利益又は損害についても、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
  8. 当社は、本サービスの内容の変更又は本サービスの提供の永続的な終了によってワーカー、施設又は第三者に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
  9. 当社がワーカーに対して支払いすることを目的として当社からワーカーに対して問合せをしたにも関わらず、ワーカーが6か月以上に渡り適切な返答又は情報提供をしなかったことにより当社からワーカーに対する支払が処理できなかった場合、当社は当該金員について支払義務を免れるものとします。

第10条(損害賠償)

  1. ワーカーが本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、ワーカーの費用と責任において、当社に対して損害(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
  2. ワーカーの行為により、第三者から当社が損害賠償等の請求をされた場合には、ワーカーの費用と責任で、これを解決するものとします。当社が、当該第三者に対して、損害賠償金その他の費用を支出した場合には、ワーカーは、当社に対して、当社に生じた一切の費用(損害賠償金及び弁護士費用を含みます。)を支払うものとします。

第11条(譲渡禁止)

ワーカーは、当社の書面による事前の承諾なく、本利用契約上の地位又は本利用契約に基づく権利若しくは義務を、第三者に譲渡し又は担保に供してはならないものとします。

第12条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社の判断において本規約を変更することができるものとします。本規約が変更された場合、ワーカーと当社との間の本利用契約も、本規約の変更内容に応じて変更されるものとします。
  2. 当社が本規約を変更する場合、本システムを通じて、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期をワーカーに周知するものとします。

第13条(本サービス又は本利用契約の終了)

  1. 当社は、いかなる理由かを問わず、いつでも本サービス又は本利用契約を終了することができるものとします。
  2. 前項の場合でも、ワーカーは本サービス又は本利用契約の終了について損害賠償請求等の主張をしないものとします。

第14条(準拠法及び裁判管轄)

  1. 本規約及び本利用契約並びにこれらに係る法律行為については、日本法を準拠法とします。
  2. ワーカーと当社とを当事者とする本サービスに関する訴えその他紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2019年5月28日施行

施設向けtaskell利用規約

本規約は、株式会社シオン(以下「当社」といいます。)がtaskellの名称で本システム本システム提供する介護事業者と介護従事者とのマッチングサービス(以下「本サービス」といいます。)において、介護従事者の紹介を求める介護事業者の利用条件を定めるものです。

第1条(定義)

本規約における用語の定義は、特別の定めがある場合を除き、次の各号の通りとします。

  1. 施設:本システム上で本サービスの施設用アカウント(以下「施設用アカウント」といいます。)を取得し、本システムを介して短期業務(以下「タスク」といいます。)に従事する介護従事者を募集する事業者
  2. ワーカー:本システム上で本サービスの個人用アカウント(以下「個人用アカウント」といいます。)を取得し、本システムを介してタスクに応募して施設に労働力を提供する介護従事者
  3. ユーザー:ワーカーのうち、施設から、施設用アカウントを用いてタスクに従事する介護従事者を募集する権限を与えられた者
  4. 本利用契約:施設と当社との間で締結する本サービスの利用契約
  5. 業務委託契約:ワーカーと施設との間で締結される業務委託契約
  6. 本システム:本サービス提供のために当社がウェブサイト上又はアプリケーションソフトの形でワーカー、ユーザー及び施設に対して提供するシステム

第2条(本サービスの利用)

  1. 本サービスを施設として利用するには、次の各号の全てを充足する必要があります。
    1. 本システム上で施設用アカウントの登録申請手続を行い、当社との間で本利用契約を締結すること
    2. 当社が別途定める申込書を提出すること
    3. 前号の申込みについて、当社から承認の通知を受けること
    4. 当社が別途指定する方法により、預り金を入金すること
  2. 前項第2号の申込書提出時に、施設が当該施設の従業員をユーザーに指定した場合において、当該ユーザーが退職したときは、施設は、当社に対し、速やかに通知しなければなりません。
  3. 前項の場合、施設は、本条第1項第3号及び第4号に定める手続を履践しない限り、本サービスを利用することができません。

第3条(登録申請)

  1. 施設が本システム上で施設用アカウントの登録申請手続を行った場合、その時点で、施設と当社との間で、本規約の諸条項に従った本利用契約が成立するものとします。この場合において、施設は、本規約の内容を理解しており、かつ、本規約の全ての条項について承諾したものとみなします。
  2. 施設は、本システムを介して、当社に施設に関する情報を登録するものとします。
  3. 施設は、前項の登録内容に変更があった場合、当社が定める方法により、登録情報の変更手続を行わなければなりません。変更しないことにより施設に生じた不利益については、施設が一切の責任を負うこととし、当社は責任を負いません。
  4. 施設が虚偽の情報を登録したことによりワーカーを含む第三者に対して損害を与えた場合、施設は当該損害について責任を負うものとします。
  5. 施設は、本規約第4条に基づき施設との間で業務委託契約が成立した場合、当社がワーカーに対して施設の名称、所在地、メールアドレス、その他必要な事項を開示することに同意します。また、当社は、施設が本システムにおいてワーカーとの間で業務委託契約を成立させる手続を操作した場合には、同操作をもって、施設が施設に関する上記の必要情報を当該施設に対して開示することに個別同意したとみなすことができるものとし、施設は予めこれに同意します。

第4条(業務委託契約)

  1. 施設とワーカーが本システム上で手続を行い、タスクの内容及び実施その他当社が定める事項について合意した場合には、当該合意に係る事項及び次の各号に基づいて、施設とワーカーとの間で業務委託契約が成立するものとします。
    1. ワーカーは、施設とワーカーとの間の合意内容に従って、施設において労働力を提供します。但し、ワーカーと施設の法的関係は雇用契約ではなく業務委託契約とします。
    2. 施設とワーカーは、施設とワーカーが合意した全てのタスクに係る業務委託料及び交通費がワーカーの収納代行者である当社に支払われることを確認します。
    3. 一つのタスクが問題なく終了した場合、施設は、翌日までに、本システムを介してワーカーの評価を行うものとします。
  2. 2. 施設は、業務委託契約は施設とワーカーとの間の契約であり、当社は業務委託契約の当事者とならず、当社が業務委託契約に基づく責任を負うものではないことを確認します。

第5条(利用料)

  1. 施設は、本サービスの利用料として、前条の業務委託契約に基づいてワーカーが業務を遂行するたびに、当該業務に係る業務委託料に当社が別途定める割合を乗じた金額(以下「利用料」といいます。)を当社に支払う義務を負います。
  2. 施設は、前条のワーカーとの業務委託契約に基づきワーカーに対して支払うべき業務委託料に前項の利用料を加えた金額を、当社が指定する時期までに支払う義務を負います。

第6条(ワーカーとの直接取引)

  1. 施設は、本サービスを通じて知り合ったワーカーから、本サービスを利用せずに労働力の提供を受けることを希望する場合には、当社から書面による事前承諾を得る必要があります。
  2. 前項の場合、施設は、当社が別途定める紹介料を支払う義務を負います。
  3. 施設が前2項の規定に違反した場合、施設は、本サービスを利用していたならば施設が当社に支払ったであろう本サービスの利用料の3倍に相当する金額(その額が100万円に満たない場合は100万円)の違約金を、直ちに当社に支払わなければなりません。

第7条(禁止事項)

施設は、本サービスの利用にあたり、次の各号に掲げる行為をしてはなりません。

  1. 当社に虚偽の情報を登録する行為
  2. 当社又は第三者の知的財産権その他財産権、プライバシー権又は肖像権を侵害する行為
  3. 当社又は第三者の名誉又は信用を毀損する行為
  4. 当社又は第三者を誹謗中傷する行為
  5. 当社又は第三者に経済的損害を与える行為
  6. 当社又は第三者に対する脅迫的な行為
  7. 他人に成りすます行為
  8. 個人情報をワーカー、ユーザー、他の施設や第三者に漏洩する行為
  9. 当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
  10. ワーカー又はその他の第三者に対する不適切な行為
  11. ワーカーとの業務委託契約及びその他の合意に違反する行為
  12. 当社が提供するインターフェース以外の方法で本サービスにアクセスを試みる行為
  13. 犯罪に結びつく行為
  14. 前各号に掲げるほか、当社が不適切と判断する行為

第8条(利用の制限等)

  1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、施設による本サービスの利用を制限し、又は施設の施設用アカウントを削除して以後施設に本サービスを利用させないことができるものとします。
    1. 施設が本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. 施設が施設用アカウント登録手続において虚偽の事実を申請した場合
    3. 本規約のいずれかの条項に以前違反したことのある施設が新たに本利用契約を締結した場合
    4. 本規約のいずれかの条項に以前違反したことのあるワーカーがユーザーとして指定された場合
    5. 施設が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下「反社会的勢力」と総称します。)である場合
    6. 施設に近しい関係者が反社会的勢力である場合
    7. 施設が反社会的勢力に自己の名義を利用させて本利用契約を締結した場合
    8. 前各号に掲げるほか、当社がワーカーによる本サービスの利用を適当でないと判断した場合
  2. 当社は、前項の規定に基づき当社が行った利用の制限、アカウントの削除又は本サービスの利用中止により施設に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第9条(免責)

  1. 当社は、本サービスから施設が得る情報(ワーカーの登録情報を含みます。)の正確性等についていかなる保証も行なわず、一切の責任を負いません。施設は、本サービスから得る情報の正確性等につき、自己の責任において判断するものとします。
  2. 当社は、本サービスに関して、施設とワーカー、ユーザー又は第三者との間において生じた取引(業務委託契約を含みます。)、連絡又は紛争等について一切責任を負いません。
  3. 当社の債務不履行責任は、当社の故意又は重過失によらない場合には、免責されるものとします。
  4. 当社は、本システムに不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
  5. 当社は、本システムが施設の利用環境に適合していることを保証するものではなく、本システムの施設の利用環境への適合性については一切の責任を負いません。
  6. 当社は、何らかの理由によって責任を負う場合でも、その賠償責任の範囲は、通常生じうる損害の範囲内かつ施設1つにつき3万円を上限とします。
  7. 当社は、本サービスの提供の一時停止又は中断により、施設、ワーカー、ユーザー又は第三者が被ったいかなる不利益又は損害についても、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
  8. 当社は、本サービスの内容の変更又は本サービスの提供の永続的な終了によって施設、ワーカー、ユーザー又は第三者に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
  9. 当社が施設に対して何らかの支払いをする必要が生じた場合、当該支払いすることを目的として当社から施設に対して問合せをしたにも関わらず、施設が6か月以上に渡り適切な返答又は情報提供をしなかったことにより当社から施設に対する支払が処理できなかった場合、当社は当該金員について支払義務を免れるものとします。

第10条(損害賠償)

  1. 施設が本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、施設は、施設の費用と責任において、当社に対して損害(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
  2. ユーザーが本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、施設は、ユーザーと連帯して、当社に対して損害(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
  3. 施設の行為により、第三者から当社が損害賠償等の請求をされた場合、施設は、施設の費用と責任で、これを解決するものとします。当社が、当該第三者に対して、損害賠償金その他の費用を支出した場合には、施設は、当社に対して、当社に生じた一切の費用(損害賠償金及び弁護士費用を含みます。)を支払うものとします。
  4. ユーザーの行為により、第三者から当社が損害賠償等の請求をされた場合、施設は、ユーザーと連帯して、これを解決するものとします。当社が、当該第三者に対して、損害賠償金その他の費用を支出した場合には、施設は、ユーザーと連帯して、当社に対して、当社に生じた一切の費用(損害賠償金及び弁護士費用を含みます。)を支払うものとします。

第11条(譲渡禁止)

  • 施設は、当社の書面による事前の承諾なく、本利用契約上の地位又は本利用契約に基づく権利若しくは義務を、第三者に譲渡し又は担保に供してはならないものとします。
  • 第12条(本規約の変更)

    1. 当社は、当社の判断において本規約を変更することができるものとします。本規約が変更された場合、施設と当社との間の本利用契約も、本規約の変更内容に応じて変更されるものとします。
    2. 当社が本規約を変更する場合、本システムを通じて、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を施設に周知するものとします。

    第13条(本サービス又は本利用契約の終了)

    1. 当社は、いかなる理由かを問わず、いつでも本サービス又は本利用契約を終了することができるものとします。
    2. 前項の場合でも、施設は本サービス又は本利用契約の終了について損害賠償請求等の主張をしないものとします。

    第14条(準拠法及び裁判管轄)

    1. 本規約及び本利用契約並びにこれらに係る法律行為については、日本法を準拠法とします。
    2. 施設と当社とを当事者とする本サービスに関する訴えその他紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    以上

    2019年5月28日施行

    ユーザー向けtaskell利用規約

    本規約は、株式会社シオン(以下「当社」といいます。)がtaskellの名称で提供する介護事業者と介護従事者とのマッチングサービス(以下「本サービス」といいます。)において、介護事業者の指定を受けて介護従業員の募集を行う者が遵守すべき事項を定めるものです。

    第1条(定義)

    本規約における用語の定義は、特別の定めがある場合を除き、次の各号の通りとします。

    1. 施設:本システム上で本サービスの施設用アカウント(以下「施設用アカウント」といいます。)を取得し、本システムを介して短期業務(以下「タスク」といいます。)に従事する介護従事者を募集する事業者
    2. ワーカー:本システム上で本サービスの個人用アカウント(以下「個人用アカウント」といいます。)を取得し、本システムを介してタスクに応募して施設に労働力を提供する介護従事者
    3. ユーザー:ワーカーのうち、施設から、施設用アカウントを用いてタスクに従事する介護従事者を募集する権限を与えられた者
    4. 本利用契約:ユーザーと当社との間で締結する本サービスの利用契約
    5. 業務委託契約:ワーカーと施設との間で締結される業務委託契約
    6. 本システム:本サービス提供のために当社がウェブサイト上又はアプリケーションソフトの形でワーカー、ユーザー及び施設に対して提供するシステム

    第2条(ユーザーの指定)

    1. ワーカーは、次の各号の全てを充足する場合に、ユーザーとなることができます。
      1. 施設から、施設用アカウントを用いてタスクに従事する介護従事者を募集する権限を与えられたこと
      2. 施設が、当社に対し、当社が別途定める方法により、当該ワーカーをユーザーに指定する旨の申込みを行ったこと
      3. 当社が、施設に対し、前号の申込みを承諾する旨の通知を行ったこと
    2. ユーザーが施設を退職した場合、前項の指定は取り消されます。
    3. ユーザーは、本条第1項の指定を受けた場合であっても、「ワーカー向けtaskell利用規約」の利用条件を遵守しなければなりません。

    第3条(ユーザーの業務)

    ユーザーは、本システム上で、施設用アカウントを用いて次の業務を行うことができます

    1. 募集するタスクの選定及び作成業務
    2. 介護従事者の募集業務

    第4条(業務委託契約)

    1. ユーザーとワーカーが本システム上で手続を行い、タスクの内容及び実施その他当社が定める事項について合意した場合には、当該合意に係る事項及び次の各号に基づいて、ワーカーと施設との間で業務委託契約が成立するものとします。
      1. ワーカーは、ワーカーと施設との間の合意内容に従って、施設において労働力を提供します。但し、ワーカーと施設の法的関係は雇用契約ではなく業務委託契約とします。
      2. 施設とワーカーは、施設とワーカーが合意した全てのタスクに係る業務委託料及び交通費がワーカーの収納代行者である当社に支払われることを確認します。
      3. 一つのタスクが問題なく終了した場合、ユーザーは、翌日までに、本システムを介してワーカーの評価を行うものとします。
    2. ユーザーは、業務委託契約は施設とワーカーとの間の契約であり、当社は業務委託契約の当事者とならず、当社が業務委託契約に基づく責任を負うものではないことを確認します。

    第5条(ユーザーの報酬)

    1. 当社は、前条の業務委託契約に基づいてワーカーがタスクを完了し、また、当該タスクに関して施設からワーカーに対して支払われる業務委託料及び当社が受領する利用料の全額を当社が受領した場合、ユーザーに対し、当該タスクに係る業務委託料に当社が別途定める割合を乗じた金額を、ユーザーに対する報酬として支払うものとします。
    2. 前項の報酬の支払方法は、当社が別途定めるものとします。
    3. 当社がユーザーに対して支払いすることを目的として当社からユーザーに対して問合せをしたにも関わらず、ユーザーが6か月以上に渡り適切な返答又は情報提供をしなかったことにより当社からユーザーに対する支払が処理できなかった場合、当社は当該金員について支払義務を免れるものとします。

    第6条(損害賠償)

    1. ユーザーが本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、ユーザーは、施設と連帯して、当社に対して損害(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
    2. ユーザーの行為により、第三者から当社が損害賠償等の請求をされた場合、ユーザーは、ユーザーと連帯して、これを解決するものとします。当社が、当該第三者に対して、損害賠償金その他の費用を支出した場合には、施設は、ユーザーと連帯して、当社に対して、当社に生じた一切の費用(損害賠償金及び弁護士費用を含みます。)を支払うものとします。

    第7条(譲渡禁止)

    ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、本利用契約上の地位又は本利用契約に基づく権利若しくは義務を、第三者に譲渡し又は担保に供してはならないものとします。

    第8条(本規約の変更)

    1. 当社は、当社の判断において本規約を変更することができるものとします。本規約が変更された場合、ユーザーと当社との間の本利用契約も、本規約の変更内容に応じて変更されるものとします。
    2. 当社が本規約を変更する場合、本システムを通じて、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を施設に周知するものとします。

    第9条(本利用契約の終了)

    当社は、いかなる理由か(本サービスの終了や施設との契約終了等の理由を含みますが、これらに限られません。)を問わず、いつでも本契約を終了することができるものとし、ユーザーは本利用契約の終了に対して損害賠償請求等の主張をしないものとします。

    第10条(準拠法及び裁判管轄)

    1. 本規約及び本利用契約並びにこれらに係る法律行為については、日本法を準拠法とします。
    2. 施設と当社とを当事者とする本サービスに関する訴えその他紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    以上

    2019年5月28日施行